フリーエンジニアになることの光と影

フリーランスは今大変注目されている働き方である。毎朝、会社に通う必要がなく、家にいながら都合のよい時間だけ働くことも可能だ。そのため、自分の時間を大切にすることができるのである。そして、フリーエンジニアもそんなフリーランのひとつだ。

彼らは自由な時間を利用してスキルを伸ばすことができ、しかも、正社員よりも多くの報酬をもらっている。能力次第ではより大きな仕事に関わることも可能で、キャリアパスの自由度も社員より高い。しかしその一方で、彼らは大きな不安も抱えている。ひとつは仕事がいつ途切れるかもしれないという問題だ。確かに、フリーエンジニアの報酬は高い。その代わり、不況になると真っ先に切られるのも彼らなのだ。それに、仕事があったとしても新たなクライアントとの契約の度にトラブルの不安と向き合わなければならない。契約の行き違いから当初の想定より報酬が少なかったり、相手側が色々と理由を付けて報酬を減らそうとしたりすることは決して珍しいことではない。

社員であれば、そういったことは会社で対処してもらえるが、フリーの立場になると自分が事業主という形になるので、すべて自分自身で処理を行わなくてはならなくなるのである。そして、その損失を被るのも当然、自分自身だ。したがって、もし、IT業界の過酷さから逃れるためにフリーエンジニアを目指す者がいるのであれば、両者の利点と欠点を慎重に秤にかける必要があるだろう。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です