フリーエンジニアの主業務以外に必要な仕事

フリーエンジニアになると精神的に解放される部分は確かにある。会社に縛られないですむとかうるさい上司がいないといった類のことだ。だがその反面、仕事を与えてくれたり、仕事のミスをした時にフォロをしてくれたりということもなくなるのだ。仕事は自分で探さなければならないし、トラブルによる損失もすべて自分で被らなければならない。主業務は社員時代とさほど変わらなくてもそれ以外に必要な仕事が増えてくる。

エンジニアとしての仕事の合間に営業活動をしていかなければ、コンスタントに仕事を得ることは難しくなってくるだろう。また、より良い仕事を得るためには、交渉の席で仕事に対する熱意と自信を説得力をもって語らねばならない。さらに、仕事の条件を有利なものにするためには、交渉力自体も日頃から鍛えておかねばならないのである。また、せっかく仕事を得てもそこで得るはずの利益が、取引相手とのトラブルによってご破算になってしまっては目も当てられない。

このようなトラブルを回避するためには、契約書を交わす時にしっかりと中身を確認することである。特に大事なのは、仕事の仕様と報酬についてである。仕事の仕様がしっかりと定められていないと関係ない作業を延々やらされることにもなりかねないし、キャンセル料の記載がないとタダ働きになる恐れもある。契約書を交わすという行為自体、社員時代はあまり経験がなかったかもしれないが、独立した以上は絶対に欠かせない仕事となることを忘れてはならない。また、よくあるフリーランスのトラブル事例を頭に入れておくことも有効である。そうすることで、実際にトラブルに遭遇した際に冷静な対応で望むことができると言える。仕事上のトラブルと対処法を知っておくことはぜひおすすめしたい。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です